STORY

制作ストーリー

部屋を装飾するカーテン

原寸イメージはこちら

リフォームを機に新しいカーテンのご依頼を頂きました。

日常生活で閉めることがないとのことで、装飾目的でのカーテンをご希望でした。

 

当初は家具と同色系のブラウンのドレープカーテンでバランスとカーテンを予定しておりましたが、お部屋が暗くなってしまうことを懸念され、レースに変更。

柄のレースもご提案しましたが、ダマスク柄の壁紙の邪魔をしないよう無地のレースに決定しました。

 

また、バランスもあまり丈が長すぎるとせっかくの大きな窓に覆いかぶさってしまう為、出来る限り丈の短いスタイルでご提案させて頂きました。

カーテン本体の幅も、装飾目的の為窓全体の幅で作るのではなく、短く作成しています。

デザインはこちらがご提案させて頂いた3種類の中からお選び頂き、ギャザーバランスに決定。

ギャザーなので丈が短くてもボリューム感があります。

カーテンとバランスが無地の為、さらにボリュームを出すためにタッセルは装飾のタッセルを合わせて頂きました。

カラーは家具に合わせたブラウン系で、ホワイトのレースの良いアクセントになっています。

大きな窓の邪魔をすることなく、雰囲気のあるカーテンに仕上がりました。